Thunderbolt3接続の外付けGPUでモナコインを掘ってみた

突然だったんですが、なんとなくマイニングというものに興味があり自分でも掘ってみたいと思いThunderbolt3接続の外付けGPUBOXにGeforce GTX 1080を搭載したGigabyte Aorus GTX 1080を買ってしまいました

自分のWindows PCは自作でThunderbolt 3端子がないので、Macbook Pro 2015と2016で試してみました。ちなみに、普通にグラボを買い足せたば良かったと後から後悔しています。

まず、Macbook Pro 2016の15インチUSB-Cと同じ端子のタイプのThunderbolt 3ポートで試してみました。Mac OSがブートした状態でAORUS GPU BOXを接続、するとMacのTunderboltデバイスの一覧の下にGeforce GTX1080が表示され無事に認識されました!しかし、どうやってNvidiaのグラフィックドライバーを入れればいいかわからず…結局使い方がわかりませんでした。Nvidiaからドライバーのパッケージをダウンロードしてきてもインストールできませんでした。ちなみにeGPUと接続するとMacbook 2016の方に給電されているようで、ケーブル一本で充電もGPU接続も可能なようです。eGPU使えてないけど、Thunderbolt 3はすごくいい!

というわけで、別のMacbook Pro(MacBook Pro Retina, 13-inch, Early 2015)上にBootcampを使ってインストールしたWindows 10を使って確認してみることに。ちなみにこのMacは少し古いのでThunderbolt 3をサポートしておらず、Mini Displayport端子の形状のThunderbolt 2しかサポートしていません。試しに手持ちのThunderbolt 2 – 3変換アダプタ(apple 純正)をGPU BOX側のThunderbolt 3ポートにさしてThunderbolt 2ケーブルを使ってMacにさしてみました

するとプラグアンドプレイでドライバーのインストールらしきものが走りはじめました!と思いきや、いきなりブルースクリーン!!
どうやらSPIホストコントローラーが問題らしいので、いったんデバイスマネージャーで無効にしてからさしてみると…
無事にドライバーのインストールまで完了してNvidiaのコントロールパネルのようなソフトウェアがいきなりタスクトレイに現れました

タスクマネージャーからも正常に二つ目のGPUとして認識されています。また接続はこんな感じです

 

さっそくccminerでマイニングを開始してみました。
Nvidiaのツール上にGeforce GTX 1080を使用しているアプリケーションとしてccminerが表示され、ccminer上でも正常にグラフィックカードが認識されマイニングできているようです!
一応二日間走らせてみましたが、エラー等もなくいい感じで回っています!

AORUS GTX 1080 Gaming Box、Macでそのまま動けば最高なんですが・・よくよく考えたらMac OSはHigh Sierraから外付けGPUのサポートだったかな?と自分のMacはまだSierraでしたので要確認です

Gigabyte Aorus GTX 1080?Gaming gv-n1080ixeb-8gdグラフィックカードボックス

新品価格
¥125,570から
(2018/3/11 12:11時点)

Bootcampを使ってMacにインストールしたWindows10上で外付けGPUを使ってみたというタイトルの方がしっくりくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です