Azureのサービスで作ったWordPressのClearDBのusernameとpasswordを確認する方法

最近AzureWebServiceで作ったClearDB MySQLデータベースについてアップグレードしろというメールが来ていました。Mercury DBとTitan DBのサービスプランをAzure Marketplaceから削除するため、上位のプランにアップグレードしろという内容でした。

まぁしょうがないのでアップグレードしようとしたんですが、Azureにログインしても既存のMySQLのプランなんて見当たらず新規作成しかできない状態で…

確かにWordPressのテンプレートを使ってこのブログを作っているので、MySQLは使用しているはずなんですが一体どこにどうやってつながっているんだろうと…

ちょっと調べてみると、どうやらClearDBのサービスの方には実際にDBが出来上がっていて、下記のウィザードでDBの情報を入力すれば、アカウントを作成できるようになってそこから支払いの設定とアップグレードができるようになるとのことです。つまり自分の場合はAzure上で簡単にアップグレードはできないということですね。

https://www.cleardb.com/store/azure/upgrade

そして、いざアップグレードしてみようと試みてみましたが…WordPressのDB名とか接続ユーザー名なんて知らねー という状態です。

なんとかして調べるしかないということで色々試してみました。

Azureにログイン、そしてApp Service -> 開発ツール -> コンソール でコンソールを開くと なんとD:\home\site\wwwrootの文字が

試しにlsコマンドをたたいてみるとなんと設定ファイルらしきもの達がいるではないですか!

そしてwp-config.php のファイルの中身をのぞいてみると、なんとDB_NAMEなどの情報が記載されているではありませんか!

define(‘DB_NAME’, ‘blog’);

/** MySQL database username */

define(‘DB_USER’, ‘hoge’);

/** MySQL database password */

define(‘DB_PASSWORD’, ‘hoge’);

これらの情報をもとに先ほどのウィザードを進めていき、アカウントと住所・クレジットカードなどの情報を入力し、無事にClearDBのアップグレードが完了しました。

ポータルが別々ってのは非常に面倒です。

そしてこの誰も見ていないブログのために月1万円くらいAzureに課金している自分っていったい…

Azure App ServiceでSSL対応サイトにしてみた

このブログはMicrosoft AzureのWeb Service? (実はあまりよくわかっていないのですが…)上にホストしてあります
ふと、Chromeブラウザで自分のブログを開いてみると(そもそもほとんど更新もしなければ自分でも見ない)
「この接続は保護されていません」などとURLバーの横に書いてあるのが気になってしまい、どうにかSSL対応サイトに変更できないかと思いAzureのWeb ServiceをSSL対応にしようと試してみました。

意外と簡単にhttps://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service-web/web-sites-purchase-ssl-web-site を見れば簡単にできそうでした

SSL証明書購入には年間7000円強必要でしたが、一か月で割れば大したことないかと思い購入し、上記のリンクを参考に設定をしてみました。

個人的な落とし穴としてはSSLのサポートはB1 Basicプラン以上(月6000円弱~)が必要ということでした。今現在はD1 Shared(月1000円程度)を使用しているので、単純に6倍以上の出費になります。一日当たり1人も来ないこの弱小ブログのためにそこまでお金を出せるのか…と悩みに悩みましたが勉強と思いB1 Basicにアップグレードしてみました。

独自ドメインでSSLを使用してウェブアプリを実行するには月7000円くらいは必要ということになりますね。

で、設定をしてみたんですが、いつまで経っても鍵マークがURLバーに出てこない…うーむ何がいけないのだろうか・・

確かにhttps で繋がるんですが…https://zeppekisamurai.com/

追記

編集していると鍵アイコンが出てきました。外部リソースの読み込みが問題か?

Surface 3 (LTE/4G) で携帯ネットワークが使えなくなった時の対処法

Surface 3のモバイルブロードバンド対応版を使用していて、突然モバイルネットワークが認識されなくなってしまいました。

まず設定画面で確認すると、下の図の赤で囲んだ部分が突然表示されなくなってしまいました。左上のネットワーク設定のリンクから、設定画面を開いても携帯ネットワークのアダプタが表示されておらずWifiとBluetoothのアダプタのみが表示されています。

mb01
そこでデバイスマネージャを確認してみることに。本来であれば以下のようにSurface 3 Modem Deviceというデバイスが見えるはずなのですが、見えなくなってしまっていました。
デバイスが見えないので、ドライバーが当たっているとかいないとかそういう話以前の問題です。
mb02
試しに再起動をしてみましたが、それでも携帯ネットワークが見えないままです。

そこで、Surfaceシリーズ共通でよくあるキーボードが認識されない・動かなくなった場合の対処法を実行してみました。
ファームウェアレベルでの再起動といいましょうか
まず再起動を実行します。画面が暗くなったらSurfaceのロゴが表示される前にボリュームアップのボタン(音量をあげるボタン)を押しっぱなしにします。押しっぱなしの状態でSurfaceを起動するとファームウェアの設定画面に入ります。そしてExit setupをタップするだけです。
これで完全な再起動が行われ、再起動後は携帯ネットワークが無事に表示されました。
Surfaceでキーボードが認識されなくなった場合にもこの方法で対処可能なので、覚えておくと便利な再起動方法です!

Surface 3(サーフェス) Windows8.1/Atom x7/64GB SIMフリー 4G LTE対応 MSSAA1 10.8inch

新品価格
¥85,000から
(2016/11/15 21:16時点)

マイクロソフト ワイヤレスディスプレイアダプター 第2世代を買ってみた

WirelassDisplayAdpater2
3/26に発売ということでMicrosoftのWireless Display Adapter V2をさっそく購入しました。Amazonでは売り切れだったので、ヨドバシカメラで買ってきました。ポイントを考えるとamazonよりも多少安くてラッキーでした。

付属品はこんな感じ。
WirelassDisplayAdpater2

以前のバージョンと比較すると長さはほとんど変わらない。しかし、HDMI端子部分が短くなったのでケーブルの取り回しが楽になりました。以前は延長ケーブルを使用しないと接続できなかったのですが、今回は延長ケーブル無しで楽にテレビに接続できました。
WirelassDisplayAdpater2

ファームウェアは最新のものが入っており、画面も以前よりは洗練された印象?
WirelassDisplayAdpater2
肝心の動作はというと、レスポンス速度が向上したようで端末側の動作とほぼ同時にレンダリングされる感覚でした。動画の再生も問題なしです。正直、かなりいいです!Surface Pro 3, Kindle Fire HDX 8.9 2014, HTCのSnapdragon 810 androidから接続を試してみましたが、どのデバイスでも快適に動いています。

マイクロソフト ワイヤレスディスプレイアダプター V2【Wi-Fi不要】Miracast technology搭載デバイス対応 P3Q-00009

新品価格
¥6,845から
(2016/3/30 00:14時点)

Windows 10 で日本語のフォント(Meiryo/メイリオなど)が入っていない場合の追加方法

自分は英語版のWindowsを使うのですが、クリーンインストール後にしばしばフォントが入っていないなどということがおきます。今回、私の場合ではメイリオフォントが入っておらず驚きました。日本語のフォントはやっぱメイリオじゃないと。
メールやワードなどではフォントが入っていないと困るので、こういった場合の対処法をメモ。

Windows 10 では、[Settings] – [System] から[App & features] を選びます。

windows10windows10

そして、Manage optional featuresに Japanese Supplemental fontsが入っているか確認、入っていなければAdd a featureからダウンロードして追加します。これでフォントが入ります。

add fontadd font

Microsoft Windows 10 Home (32bit/64bit 日本語版 (新価格版)|USBフラッシュドライブ

新品価格
¥14,874から
(2016/10/2 18:52時点)



Microsoft wireless display アダプタ

マイクロソフトが発売したワイヤレスディスプレイアダプターを買ってみました。※こちらv2モデルがリリースされました。

これをテレビにさすだけで、テレビがmiracast対応になるという例のやつです。

Windows 8.1 のストアアプリからfirmwareのアップデートなどが可能なので、Windowsが必須なのではないかと思います。

Surface pro 3 と Lenovo Thinkpad X1 carbon gen2 で動作を確認しましたが、Lenovo Miix2 8 では動きがカクカクするのと、画面の向きの整合性という点で使いづらかったです。

また、Surface pro 3から接続した際にテレビ側(拡張ディスプレイ)の解像度がHDしかでなくて困っています。FullHD出るはずなんだけど。

mswirelessda