Macbook Pro 15インチ用にPC冷却台を買ってみた

以前のMacbook Pro 13 (2015)を使っていた時も気になっていたのですが、最近手に入れたMacbook Pro 15 (2016)でもビルドの実行やVMを立ち上げているとファンの音と筐体の熱が気になり、冷却台を買うことにしました。効果はわかりませんが、とりあえずファンは大型で静音のものにしようと思いamazonでAVANTEKの冷却ファンを買うことにしました。
さっそく翌日に到着した商品がこちら。avantek PC FAN

箱から出してみます。プチプチ袋に包まれた本体と電力用のUSB-Aケーブルが付属しています。
avantek_PC_Cooler_2

プチプチの袋から出してみるとこんな感じです。ファンが大きくて色もなかなかカッコいいんではないでしょうか?通電するとLEDが光るのでこれをオフにする機能があればなおよしですが。
avantek_PC_Cooler_3
裏面はというと、こんな感じです吸気のためのスリットが無数にあります。高さ調節用の足もゴムがついており滑り止めかつ防振対策としても十分な機能を発揮してくれそうな見た目ですavantek_PC_Cooler_4
MacBook Pro 15 (Late 2016)を乗せてみました。17インチまでOKとのことでサイズ的にも問題なく乗ります。avantek macbook pro 15そして一週間ほど使ってみました。ファンのサイズが大きいことで少ないファンの回転数で大きな風量を得られるため、風量は申し分なさそうです。なによりも静かなのが良いです。
台自体はメタルのメッシュなんですが、足を立てて角度をつけるとMacbook本体が滑って落ちてきてしまうことがしばしば。拙者は外付けでHappy Hacking Keyboardを使っているため直接Macbookのキーボードを操作せず、マウスもBluetooth接続でMagic Mouseを使っているので足は使用しないことになりそうです。Macbook使用者は角度をつけてそのまま使用するのは問題が発生するかもしれません。
冷却性能のほうは、RadeonのGPUを使用しているときは比較的筐体が熱くタッチバーの上部あたりが激アツなんですが、パソコン底面から冷やすこの冷却台ではなかなかそこを冷やすまでは難しいようで、筐体のキーボード側はまだまだ熱を持っている感じです。ただ、背面は冷え冷えでかなり冷たいのでかなり冷却の効果は出ているかと思います。まぁ設計上、底面にヒートパイプとヒートシンクを配置してしまうと底面に空気が入る余裕がなかったりする場合にリスクが高まるので上部にそれらを配置するのは当然といえば当然かなと思います。
いつかクラムシェルモードで最適な冷却台を考えてみたいです。

今回購入したのは下記の製品です、amazonのレビューでは皆さんPS4用に購入されているようですね…

AVANTEK 冷却ファン 冷却パッド 超静音ファン PS3 PS4 横置き USB接続 1000 RPM 17インチまで対応 デュアル160mm (2ファン) CP_02

新品価格
¥2,599から
(2017/5/21 00:23時点)

Macbook Pro 2016で4Kモニタに接続する

既に数多くのブログでブログで取り上げられているネタなので、今更感満載ですがMacbook Pro 2016 15インチを購入した興奮が冷めやらぬため共有したいと思います。

使用しているモニタはDELL P2715Qという4KモニタでDisplay port/Mini DP/HDMIという3系統の入力を持つモニタです
モニタには標準でDisplayport – Mini Displayport ケーブルがついており、Displayport端子をモニタに、Mini Displayport側をMacbook Pro 2015に刺して使用していました

その流れで、このモニタにUSB-Cを搭載したMacbook Pro 2016を接続しようと思いApple 純正 Thunderbolt 3(USB-C コネクタ) to Thunderbolt 2アダプタ(mini  displayportコネクタ)を購入しました
そうするとMacbook Pro 2016にアダプタをかませてあげるだけで使用できるはず…でしたが、色々な記事で書かれているように動きません
素敵なミスをそっくりそのままやらかしてしまいました
Mini display port と Thunderbolt 2はコネクタの形状は同じですが、中身は異なるものということでモニタには何も出力されません!

そこでアマゾンでコネクタの形状は全く一緒ですが、USB-C to Mini Displayportアダプタなるものを購入することに

BENFEI USB 3.1 type C Mini Displayport Mini

値段もそこそこ安くてレビューもまぁまぁ?良いので聞いたことがないメーカーでしたが注文してみました

さっそく接続をしてみると以下のような感じに
macbookpro20164kdisplay
結果はというと、モニタからも正常に認識され4K 60Hzで出力されています
このアダプタ、削り出し?部分は少し雑な感じで目も荒いですが使用に問題はなくなかなか快適です
重量も軽いですし、使用時の発熱もほとんどありません
なかなかいい買い物だったかも?

実は画像にあるようにApple純正のUSB-C Digital AV Multiport アダプタも接続しているのですが、こちらのHDMI出力は4K 30Hzが最大ということでどうしても60ヘルツの快適な描画環境のためにはDisplayportを使用するしかなかったのです

Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ MJ1K2AM/A

SSLエラーでhttps://rubygems.org/からgemのパッケージのダウンロードができなくなったときの対処法

gem install pkgname

コマンドを実行したら以下のエラーが表示されダウンロードできなくなってしまいました

ERROR:  Could not find a valid gem ‘pkgname’ (>= 0), here is why:

          Unable to download data from https://rubygems.org/ – SSL_connect returned=1 errno=0 state=SSLv3 read server certificate B: certificate verify failed (https://api.rubygems.org/specs.4.8.gz)

なんじゃこりゃってことでOpenSSLの証明書のアップデートを行いました。以下のコマンドを実行しました。
rvm osx-ssl-certs update all
そうするとパッケージのダウンロード等問題なく行えるようになりました

ちなみにgemのソースリストにhttpのものを追加してあげるやり方もあるみたいですが、なんとなく嫌だったのでSSL更新を行いました。。
gemのダウンロード元は以下の一個のみ
gem source –list
*** CURRENT SOURCES ***

https://rubygems.org/

APPLE MacBook Pro with Retina Display (2.7GHz Dual Core i5/13.3インチ/8GB/128GB/Iris Graphics) MF839J/A

新品価格
¥123,800から
(2016/11/15 21:01時点)

MacBook Pro Retina (Early 2015) 13インチにP2715QとU2412Mをデイジーチェーンで接続

MacBook Pro RetinaにDellの4kモニタP2715Qを接続し、デイジーチェーンでさらにU2412Mに接続しようとしたときのお話

最近Dellの4k液晶モニタ P2715Qを購入しました。このモニタにはなんとDisplay port outがついておりデイジーチェーン(デバイスの数珠つなぎ)に対応しているのです。そこで、今まで使用していたモニタのDellのU2412MをP2715Qの先につなげることによって、マックからはThunderbolt2のケーブル一本でディスプレイ二台に繋げられる!!という素敵な環境を構築しようと試してみました。

Macbook pro – P2715Q – U2412M

という図ですね。さっそくmacからminidisplayport – displayport で P2715Q に接続、さらにP2715Q からU2412Mにdisplayportケーブルで接続。P2715Qにはデスクトップが表示されるのですが、U2412Mには一向に表示される気配なし。マック上で確認してみるもやはり認識されていない。
macp2715q

暫くするとU2412Mの真っ暗な画面に変化が
u2412m

60Hzじゃないと受け付けないらしいです。ということでP2715Q を確認してみるとなんとMTS (プライマリ) を有効にした時点でP2715Q への入力信号が30hzになっていました。どうやらそのまま30hzでU2412Mにも出力しちゃっているみたいですね。

ちなみにSurface pro4ではこの通りデイジーチェーンでうまく表示できました。ケーブルもつなぎ方も変えていません。surfacepro4p2715qただしP2715Qのみ30hzでの動きになってしまっていました。
どうやらグラフィックドライバー側で制御できるみたいですね。4kモニタはDP1.3じゃないとダメなんでしょうかね?
新しいmacbook proのThunderbolt 3 (USB C)とDP1.3対応ディスプレイでデイジーチェーンを試してみたいです。

Dell ディスプレイ モニター P2715Q 27インチ/4K/IPS非光沢/6ms/HDMI,DPx2(MST)/sRGB99%/USBハブ/3年間保証

新品価格
¥65,610から
(2016/11/15 21:12時点)

 

Dell ディスプレイ モニター U2412M 24インチ/WUXGA/IPS非光沢/8ms/VGA,DVI,DP/USBハブ/3年間保証

新品価格
¥27,656から
(2016/11/15 21:11時点)

 

ELECOM miniディスプレイポートケーブル ver1.2 1m CAC-DPM1210BK

新品価格
¥1,629から
(2016/11/15 21:14時点)

Macbook Pro (Early 2015) でUSB NIC(ASIX AX88179イーサネット)を使う

Macbook ProにUSB3.0-ギガビットイーサネットを接続したときの話

手元にあった型番などわからない製品で、windows10に接続した際はドライバのインストールなど必要なく動いていましたがMacbook Proではさしただけでは動かなかったUSB NICがありました。

 

asix_usbnic_mac_01

VMware fusionを起動していたので、マックブックプロにさすとこのようなメッセージが出てくる

ASIX88179というデバイスということが判明、Connect to Macをクリック

asix_usbnic_mac_02

でもMacbook Pro上では認識されておらず。そのままさしっぱなしの状態で

http://www.asix.com.tw/products.php?op=pItemdetail&PItemID=131;71;112

へアクセス。

asix_usbnic_mac_03

Driversの一番上の行のフロッピーディスクのアイコンをクリックしてドライバーをダウンロード

asix_usbnic_mac_04

zipファイルを開いて、AX88179_xxxx.dmgをクリックしてイメージファイルをマウント

asix_usbnic_mac_05

ファインダーからマウントしたディスクの中身を確認してAX88179_xxx_.pkgをクリックしてドライバのインストールを開始asix_usbnic_mac_06

そのままクリックしていけばインストール完了。最後に再起動を要求されるので再起動。

再起動後は見事にUSBイーサネットが動いていました。ASIX AX88179のチップを搭載しているモデルならば、上記の方法でインストール可能なはずです。

ロジテック 有線LANアダプタ ギガビット対応 USB 3.0 LAN-GTJU3

新品価格
¥1,500から
(2016/11/1 19:49時点)

MacBook ProのACアダプタ(電源)を繋ぎっぱなしで使う人へ

会社で支給されているPCはmacbook proなんですが、いつもバッテリーを20%〜80%くらいに維持してバッテリーの寿命(正しくは余命?)を伸ばそうとしていました。つまり充電と放電を毎日繰り返していたということです。筆者の場合、Early 2015のMacbook Proを支給されてから約1年が経過しています。しかし、マックのシステムバッテリーをシステムレポートから確認するとFull Charge Capacity(完全充電時の容量)が5778mAhと同時期購入の同僚のマシンより大きく容量が減ってしまっていました。ちなみに同僚はAC付けっぱなしでした。
そこでマックブックでACを繋げっぱなしにする人向けのバッテリー余命最適化について調べてみました。
するとMagsafe2アダプタの真ん中のピンをマスクすることによりバッテリーへの給電を阻止できるということがわかりました。なので早速付箋とセロハンテープでマスクしてみることに。
magsafe2mask2こんな感じで、試しにマスクしてみました。
そして、真ん中のピンがマスクされたマグセーフ2アダプタをマック本体に接続。
するといつもついていたランプが点灯しないではありませんか!!しかしマック上ではコンセントが繋がっているアイコンになっており、マック本体への給電は行われている模様。ACアダプタが接続されているのにもかかわらずバッテリーは充電される気配もありません。完璧です!
magsafe2mask1

しかし、本当にバッテリーに充電したいときいちいちマスキングを解除して、またマスキングするってのは非常に面倒です。簡単に取り外しできるタイプのアダプタを売れば結構儲かりそう?

純正 Apple MacBook Air用ACアダプター A1436 45W 14.85V 3.05A 2012 MAGSAFE POWER ADAPTER

新品価格
¥5,000から
(2016/11/1 19:55時点)