BlackBerry Key2でau VoLTE(LTE NET)を設定する

ついに日本向けブラックベリーKey2を購入したのでさっそく念願のauのsimでの通信を試してみました。

購入したモデルはBBF100-8で、日本向けのDSDSモデルでシルバーのものになります。既存のau回線はiPhone Xを契約したもので、スーパーカケホにデータ定額プランを組み合わせたものとなっています。LTE NET For Dataは契約していません。

かねてよりau回線を使い続けているわけですが、ついにBlackBerry Key2の国内版でau VoLTEがサポートされるということで滅茶苦茶楽しみにしていました。

さっそくsimスロットにauのsimを入れます。クリーム色みたいな感じのsimです。
起動するとAPNの設定について通知が来ました。タップすると再起動され、再起動後にAPNの設定通知を再度クリックしAPN設定画面へ。

APN設定画面を開くとsimから対応しているAPNのプリセットを読みだし表示してくれていました。
しかし、ここでLTE NET for Dataを選んだところでいっこうに通信できません。それもそのはず、LTE NET for Dataを契約していないので当然といえば当然のことです。
LTE NET for Dataへの加入も考えましたが、月額500円もしてしまうのでちょっと躊躇ってしまいました。
そこでWebを調べているとどうやらLTE NETのみで通信ができるという情報を見つけました。先人達の偉大な業績に感謝です!

そこでAPNを新規作成し
APN: uno.au-net.ne.jp
User Name: 685840734641020@uno.au-net.ne.jp
Password: KpyrR6BP
認証タイプ: CHAP
APN protocol: IPv4/IPv6
この5つだけ入力して後はデフォルト値のままで保存、wifiを切断してChromeでネットサーフィンしてみると…繋がっているではありませんか!
なんか拍子抜けですが、普通に接続できちゃいました。

BlackBerry KeyOneのVoLTE設定

auのVoLTE SIMでデータ通信&通話をしたくて色々と調べていた時に見つけた情報です。ちなみに私はBBB100-6+au VoLTEでの通話・データ通信ともにできておりません。

どこぞのブログで

「BlackBerry KEYone」は*#*#4636#*#*利用不可

という記事をみて、実際に試したところ確かに動きません。その記事にはアプリを入れて設定画面を出すような回避策があったのですが、どうにもそういうアプリを入れたくなくて・・・海外サイトをあさっていたところクラックベリーの掲示板に情報がありました。

https://forums.crackberry.com/blackberry-keyone-f445/4636-not-working-1126199/

Try *#*#46368676#*#*

返事にもあるように、魔法のようです。見事にPhone information(携帯電話情報)のページが出てきました。

まぁだからといって、au VoLTEでの運用ができていないのでなんの意味もないんですが・・

こうなったらBBB100-3のVerizon版BlackEditionを買うしかないのか!?

BlackBerry KEYone Black Edition BBB100-6 買ったどー レビュー

auを長年使用している自分としてはVerizonのBBB100-3が欲しかったのですが、ビックカメラで実物を見る機会があり我慢できずに買って帰ってしまいました。

念願のBlackBerry KEYone Black Edition BBB100-6です!!

iij mioのSIMも持っているので、まいっかというのと

なんと、この日はビックカメラでBlack Editionの大特価?を行っており、新品にも関わらず横に展示してあるシルバー(RAM 3GB, ROM 32GB)のモデル(定価69,800円)より安いという緊急事態が発生しており入店から購入まで3分もかからない勢いで購入してしまいました。値段はビックカメラの人に怒られそうなので、秘密です。ちなみにBlackBerry Keyone Black Editionの日本での定価は79,800円です。

さっそく開封したのがこちらです。まずはサイズ感の確認から。

BlackBerry PrivとiPhone 7Plusで挟んでみました。がサイズ感は見事に一致。重さもiPhone 7Plusとそう変わらない感じです。Privよりは幾分か、体感軽く感じます。

キーボードをスライドさせたPrivとKeyoneを比較してみたところです。

キーボードのサイズは全くといっていいほど変化ないですね、配置も全く同じです。Privのキーボードにあった斜め方向への変形?平行四辺形風のキーも四角になっています。ディスプレイはさすがにかなり狭くなってしまっており、デスクトップに配置できるアイコンは少なくなり、ガジェットのレイアウトに悩むほど領域が狭くなってしまったなという感じです。

キーボードだけアップしてみてみるとPrivではスライドのギミックのためか高さが出せなかったキーですが、KeyOneではかなり立体的なキーになっています。

KeyOneの方のキーボードははっきり言って、かなり押しやすいです。Privでは指の腹で押すことはほぼ不可能で爪で押すカタチになりがちだったのですが、KeyOneは指の腹でも普通におせちゃいます。

これはいい!

そしてスペースキー部分の指紋認証がこれまたかなりいい!!電源ボタンを押してスリープに入っている状態(画面オフ)でも、スペースキーに触れれば一瞬でロックが解除されます。かなり使い勝手がよくて泣きそうです。

さらに、見えない部分ですがバッテリーの持ちがだいぶよくなっています。バッテリーの持ちと同時にOSのせいか、CPUの違いからなのか、Privよりだいぶ動きがスムーズです。バッテリーの持ちもCPUとかOSのおかげでしょうか?

QC3.0対応のチャージも半端なくいいです。カメラの性能もいいらしいですが、今回のレビューはこのあたりでおしまい。

個人的にはBlackBerryのロゴが消えてしまったことが少しどころじゃなく、残念でござる。

BlackBerry KEYone Black Edition 64GB Android SIMフリー スマートフォン QWERTY キーボード 【日本正規代理店品】 PRD-63763-002

新品価格
¥79,075から
(2017/10/11 21:06時点)

Google wifiを買ってみた!!

興味本位で日本未発売のGoogleのWifiルーター、Google wifiGoogle Wifiを買ってみました
とりあえず1shopmobileなどをみて価格を確認、どうやらamazonがいちばん安いみたいなので並行輸入品を購入してみました

Google Wifi AC1200 Dual-Band Wi-Fi Router

流石のアマゾン、翌日には到着しました。

google_wifi_box_1

さっそく開封。
google_wifi_box_2
google_wifi_box_3付属品はUSB-Cタイプの電源アダプタときしめんタイプ(フラットタイプ)のLANケーブルのみでした。説明書も無し。google_wifi_box_4
写真にあるように、接続端子は充電用のUSB-Cタイプのポート、とLANとWAN用のポートが一個づつという非常にシンプルな構成です。

さっそく電源とWAN側のポートをマンション内のネットワークに接続。参考までにマンションのインターネットはマンション内でプライベートIPを貰えるタイプのものです。

電源を入れたあとは、Android端末にGoogle wifiのアプリをインストールして起動
google_wifi_app_1
まずはGoogle wifiのルーター探すところからスタート
google_wifi_app_2
自分の場合はGoogle wifiの底にあるQRコードを読み込む方法でセットアップを開始
スキャン後は自動的に進み、Google wifiの場所を聞かれます。ここはリビングなのでリビングを選択。
google_wifi_app_3
そしてWifiの名前を設定。これはSSIDになるようです。そしてパスワードもここで設定します。
google_wifi_app_4
そして最後にほかのGoogle wifiがあるか聞かれます。今回、自分の場合は一台のみのセットアップですのでNone All doneを選択

そうすると、Google wifiに最新のファームウェアとソフトウェアのインストールが開始されます。それが終れば設定は完全に完了してアプリから色々な設定やステータスの確認などが可能です。なかなか簡単なセットアップでした

今のところ切断されたりといったような問題は起きておらず、何よりもコンパクトでかわいらしい筐体が素敵です。リビングにおいてもまったく邪魔になりません

Google Wifi AC1200 Dual-Band Wi-Fi Router

BlackBerry PrivのFacebook messengerバッテリー問題について – アップデート

以前の記事でお伝えした、ブラックベリー Privでのバッテリー消費問題 ですが、最近のClackberryの情報によると最新のMessengerアプリで修正されたとの報告が。

さっそく99.0.0.20.136をインストールして確認してみたところ、keep awake問題が見事に解決されバッテリーが減りません!いや減ってるけど、そんなにぐんぐん減りません!

 

Blackberry PrivでFacebook Messengerアプリがバッテリーをバカ喰いしている模様

最近どうもBlackberry Privのバッテリー消費が気になって消費量などを確認してみたところ、Facebook Messengerがバッテリーを馬鹿食いしていたbattery facebook messenger
どうもフェイスブック メッセンジャーがデバイスをずっと、ずーっとawake状態にしているようです。
batterykeepawake
Android 6.0 からDozeモードとか実装されたんやなかったのかと…。電源が入っている間、スリープに一度も入ることがなかったようです。

しょうがないのでFacebook Messengerをアンインストールしてみた。
すると見事なまでにデバイスがスリープに入れたからか、バッテリーの減りが著しく改善!!
batteryfacebookuninstall
しかし原因が不明なままです。ほかのAndroid 6.0デバイスではこのようなことは起きないんですけどね…。

(SIMフリー) BlackBerry PRIV STV100-3 ブラック [並行輸入品]

新品価格
¥59,000から
(2016/11/15 20:59時点)