インドのコンセント事情 バンガロール編

前回に続き、インドはバンガロールへ2週間ほど出張した際に得た、コンセントについての情報を紹介したいと思います。

インドは日本とは違うコンセントらしいですが、インドとひとことで言っても地方や州によって形状が異なるらしくインド全体でくくるとB3、BF、B、C が主流ということでした。
何個アダプタをもっていけばいいんだよということで、秋葉原のヨドバシカメラでコンセントアダプタを物色したところよさげな製品が見つかりました。
コンセントアダプタ

こちらのアダプタ、なんと8種類対応の変換プラグ(A,B,C,O,SE,BF,B3,O2)に対応しておりこれひとつで海外のコンセントに対応という優れもの。
これでダメなら流石に諦めがつくということでこちらを購入しもっていくことに。

バンガロール現地のホテルに到着。さっそくチェックインを済ませ、部屋に向かいコンセントを確認。
ホテルのコンセントなんか、二種類のコンセントがある。そしてその両方ともなんとなくいろいろな形状のコンセントを差し込めそう。
右側のコンセントは普通に日本のコンセントを差し込めるタイプでした。そしてこのタイプのコンセントが部屋に三つ。
コンセントのアダプタ要らんやん!
って思わず突っ込んでしまいました。※たまたま自分が泊ったホテルがそういう仕様だっただけかもしれません。

試しにもってきた変換タップをそれぞれ刺してみることに。うーむ全種類刺さってしまう。タップの動作を確認できたのはありがたいんですが、不要だったという結果がなんとも残念。左側のコンセントは部屋に一個だけで床のそばについていました。現地の掃除機か何かようかな?

帰りの空港でのロビーの机にもコンセントがついていたのですが、それも日本のコンセントが刺さるタイプ。
空港のコンセント

職場のコンセントも同じく日本のコンセントが刺さるタイプ。
以外とバンガロールは問題なく電気を補給することができそうです。他の地区は州では必要なのでしょうか?


Kashimura カシムラ HELLO KITTYハローキティ8種類対応ブロック型変換プラグ TK-2 (hi0a129)

インド出張でバンガロールへ 入国編

ただいま、出張にてインドのバンガロールに来ております。

バンガロールに来るにあたって色々とインドのことを調べたのですが、気になっていた税関について書きたいと思います。

インド入国についてネットを調べてみると、パソコンは2台持ち込むと税関で…とかデジカメ一台でレンズ複数はセーフだとか色々と情報が出てきます。しかし、肝心のスマートフォンについての記事を見つけることができず、追加の費用無しにスマートフォンを複数台持ち込むことが出来るのかどうかとドキドキしていました。

仕事がらテスト用デバイスとして複数スマートフォンを使っており、どうしても複数台持ち込まなければならない状況だったため、いくら領収書で対応できるとはいえトラブルだけは避けたい、そんな一心でした。新品の状態(箱に入っていたり)だと、目をつけられてしまうらしいので箱から出し、手帳型のケースに入れたりイヤフォンをさしたりとあたかも全部普段から使っているかのようにしてみました。

持ち物としては手荷物で以下の通りです
パソコン(Mabook Pro)一台
iPhone7Plus 1台
SONY Xperia 一台

実際に到着してから空港のゲートに出るまでの流れですが
到着後は入国手続きを行い、ビザをチェックされ、その後手荷物検査でした。手荷物検査は一列でやったので長蛇の列ができておりかなり待ちました。おかげで少しずさんなチェックだったかもしれません。
その後預け入れ荷物を受け取り運命の税関通過。
緑のゲートに向かって歩いただけですが、引き止められもせず誰も立っていないしでこんなザルでいいの!?って聞きたくなるくらいでした。
こんなことならデバイスを5台くらいもってくればよかったです。というのが正直な

2台だから通ったのかな?