GIGABYTE GEFORCE GTX1050 GV-N1050D5-2GD を買ってみた

先日DELL製の4KモニタP2715Qを購入したついでにグラフィックカードも買い替えました。単純4K60pでモニタを使うには、Displayport端子を使わなければならなかったからです。

マザーボードはギガバイトのものを使用していたので、相性とかもしかしたらあるかもと思いグラボもGIGABYTEのものを選びました。
秋葉原で悩みに悩んで購入したカードがこちら。
統合GPUがないCPUを使用しているため、グラフィックカードを仕方なく使用していますがゲームをするわけでもないのでオーバークロックも4Gメモリも必要ありません。
そこで補助電源無しで、負荷がかかっていないときはファンが止まるという準ファンレス(セミファンレス)、そしてDPで4K60pをサポートしているこのグラボを購入しました。

さっそくデバイスをインストールしてWindows Updateからドライバーを入れてみました。
そして付属のソフトウェアもインストール。ファンのコントロールやOCの設定ができるユーティリティです

オーバークロックはどうでもいいんですが、ファンのコントロールは静音の観点から非常に重視しているので色々と触ってみました。
プリセットの設定では、サイレントとターボとオートがあるんですが、ターボを選んでも50℃まではファンが回らない設定になっていました。静音を選んだ場合は60℃からファンが回るようです。
実際に通常使用で確認してみましたが、普通に使っている分には夏場のクーラーがない部屋で使っていても50℃を超えることがなく、ファンが回っているのを見たことがありません。
ゲームとかをやらないとこんなもんなんでしょうか。
静音グラボとして、意外と良い買い物をした気がします。

GIGABYTE ビデオカードGEFORCE GTX 1050搭載 GV-N1050D5-2GD

新品価格
¥13,990から
(2017/7/9 23:54時点)