kaby lake世代のCPUでmini itxマシンを自作

前回パソコンを組んだのはもう6年も前のことで CPUなんかもSunday bridge core i7 2600Kとかなり古いものを使っています
グラフィック機能がない石のため、致し方泣くグラフィックボードもつけていました
グラフィックボードは最近購入した 温度が低いときはファンが回らない静かな物でした

パフォーマンスに不満は全くなかったんですが録画マシンとしても24時間起動しっぱなしだったりするので電気代と夏場の熱に耐えかね、自宅の引っ越しのついでにマシンを新調することにしました

できる限り場所を取らないようにとのことでMini ITXフォームファクタを検討しまし以下の要件を満たせるような構成を考えました

  • 特にゲームなどをしないためCPU統合のグラフィックで十分
  • 時々の動画のエンコードを行うが、Windows Live Movie Makerで行っており、エンコード処理にAVX 2.0が使用されているのか不明→なのでCore i シリーズではなくてPentiumなどでも可!?できれば4core欲しいが…
  • 省電力なCPU TDPは65W未満のモデルか?
  • 録画用のキャプチャカード(PCI-Express)を引き続き使用したいのでNUCなどのPCI-Expressが刺せないものは不可(Thunderbolt 3接続などの外付けPCI-ExpressのBOXも検討してみたが、高価なので見送り)
  • Displayportのみ対応の4kモニタを使用しているのでディスプレイポート端子かMini Displayport端子が必要
  • 無線でもイーサネットでもどちらでもよい
  • NVMeのSSDを使用可能(将来Intel Optaneメモリーを使用することを考えて2スロットあると尚良
  • USB-CとかThunderbolt3とかはなくてもOK

ということでチップセットはIntelのH270かB250当たりかなという感じで絞られ、USBポートも6~8端子もあれば十分事足りるだろうということでIntel B250チップセットのマザーボードにすることに
すると途端に選択肢が狭まることに
実はDisplay portがついているB250のmini-itxマザーボードというのがかなり限られており、自分が探した限りはGIGABYTEのGA-B250N-Phoenix WIFIとASUSのROG STRIX B250I GAMINGしか見当たらず
入手性の都合から、今回はASUSのROG STRIX B250I GAMINGというマザーボードに決定
全くゲームをやらないのですが、NVMeのSSDを二枚させることとNVMe用のヒートシンクが標準装備なことが気に入りました

CPUはIntel Optaneを使用することになったらCore iシリーズに買い替えるとして当面はPentium Gを使うことにきめました
特にKaby LakeのPentium Gはハイパースレッディングに対応し、物理2コアの論理4コアというスペックシート上はcore i3との違いがほとんどないことになっており実際値段もそこまで違いがありません
浮動小数点処理と整数処理などを同時に実行するようなことをWindows Live Movie Makerが行っていると期待して…Pentium G4600に決定

ケースはデザインとサイズからPRIMO P115A_BKに決定
ケースは実物を九十九電気で見て回り実際のサイズ感で決めました
このケースは値段相応の弱弱しい造りではありますが、ケースの内部が見えることと内部に比較的広さがありながらもコンパクトな点が気に入りました

電源はmini itxケースに入るsfx規格のものだとそもそも選択肢がないんですが、こちらのケースの場合電源のファンの向きとケースの電源延長ケーブルの向きとの兼ね合いでCorsair のSF450一択に。自分の使い方だと150Wくらいしかいかないはずなので300Wもあれば十分だったのですが、一番小さい容量が450Wだったのでこれに

さっそく必要なパーツを購入。実際はまずケースを購入し、実際にケースを見てから徐々にパーツを買い足していきました

まずはCPU Pentium G4600 低電圧版のPentiumがほしかったんですが、九十九電機で尋ねたところ取扱いはないとのことで断念。

ひとまずリテールのCPUクーラーで頑張ろうかと思います。リテールのCPUクーラーには最初からグリスのようなものがついていました

さっそく気づかずに触ってしまい、手にグリスみたいなのがついてしまい中々落とせずに困りました

そして九十九電機ではCPUと同時購入で安かったのでマザーボードも購入。本当はGIGAGYTEのマザーボードがよかったのですが、こちらも取扱いがなくASUSのROG STRIX B250I GAMINGを購入することに付属品にはゲーム製品らしくステッカーなども入っていました

次にSSD、これは発熱が凄いということはわかっていましたが速度とネットでの評判からSamsungの960 EVO 256GB初めてのNVMe SSDなんですが、思っていた以上に小さくて驚きです

そして電源
電源がかなりの曲者でケースの電源延長ケーブルのおにぎり型コネクタ部分が下を向くようになっています。逆三角形というんでしょうか?

ケース下部の底面部分には以下の写真のように吸気用のパンチ穴と埃用のフィルタが装備されていますつまりケースのデザインとして、電源は底面から吸気し、フロントから排気するというようにみえます。
というわけで、おにぎり型の電源を逆三角に配置した際に底面に吸気ファンが位置するSFX電源を探すことに。ちなみにケースのサイズ的にSFX電源以外のサイズは厳しそうです。SFX-Lも入りそうですが、マザーボードと干渉する可能性も…
というわけで色々探してみたんですが、見つかったのが一つだけという奇跡Corsairの電源SF450です!ケーブルも必要なものだけ着脱式で装着でき静音タイプ、いうことないじゃないですか。付属品も豪華な感じ。この無駄に美しい巾着袋が二個もついております。高級感が漂っており、非常によいです

おにぎり型の電源部分とファンの向きを念のため確認
ばっちりですさっそく電源の取り付けです ばっちりフィットしているかのように見えますが、電源のスイッチ部分の枠というんでしょうか?

赤色で線を引いてある部分がケースと干渉しネジが若干ですが締め難い状況でした、が、問題ないレベルで装着完了できました
そしてCPUをマザーボードに取り付けCPUクーラーをつけてみて、いったん持ち上げてみた図です
グリスがこんな感じで広がっていましたそしてSSDの装着取り付けた後は上から付属のヒートシンク(熱伝導のスポンジみたいな厚めのシートが貼ってありました)を装着、ねじ止め最後にメモリを取り付け、OSインストールの準備が整いました
最終的にはこんなコンパクトなPCに
SATA接続のデバイスが一つもないため、電源ケーブルもSATAケーブルも省略でき、かなりシンプルな構成に見えます
自作人生史上最強のミニマル加減です
ケースファンはケース付属の白いファンで前面に取り付けてあります。吸気用そしてUEFIを立ち上げ、OSのインストール
4Kモニタにつないでもきれいに表示されているUEFIのメニュー温度もリテールクーラーながら30度半ばとまぁまぁな感じファンが合計2個と少ないことから十分な静音性を保っており、かつネットサーフィンなどで使用するぶんには体感速度がcore i7 2600Kのマシンと何一つ変わらないということに驚きです
省エネかつ、そこそこのパフォーマンス、そして総パーツ代も考えてもそんなに高くなく中々良いマシンなんではないでしょうか?

今回使用したケース

Ryantek 3スロット仕様の大型ビデオカードも搭載可能なドイツデザインのMini-ITX PCケース P115A_BK (PRIMO)

新品価格
¥8,980から
(2017/7/24 23:24時点)

Samsung SSD 250GB 960 EVO M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.2 V-NAND搭載 3年保証 日本サムスン正規品 MZ-V6E250B/IT

新品価格
¥16,470から
(2017/7/24 23:23時点)

ASUS Intel B250搭載 マザーボード LGA1151対応 STRIX B250I GAMING 【miniITX】

新品価格
¥13,800から
(2017/7/24 23:19時点)

CORSAIR 450W SFX電源ユニット 80PLUS GOLD認証取得 1系統 SFシリーズ SF450

新品価格
¥9,811から
(2017/7/24 23:20時点)

Intel CPU Pentium G4600 3.6GHz 3Mキャッシュ 2コア/4スレッド LGA1151 BX80677G4600 【BOX】

新品価格
¥9,655から
(2017/7/24 23:21時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です