English Companyに行ってみた

最近ほかのブログでもチラホラ見るようになった、English Companyという英語のトレーニングジムについてです。
Study Hacker English Company
http://englishcompany.jp/

わけあって、この会社を見つけ体験レッスン。そして、入会し最初の一か月が過ぎようとしているのでレポートしたいと思います。

予め言っておくと、アメリカ西海岸の外資、しかもチームメイトや上司は外国人ばかりという環境でしか働いたことがない私は、TOEICのスコアをほとんど重視していません。英語ネイティブでも満点取れませんし、TOEIC満点でも殆ど会話できない人もいるからです。あと、外資”系”じゃなくて本当の外資企業の場合レジュメにもTOEICの点数なんて書きませんからね。書いても外国人のHRや上司が知っているわけがありません。とはいえ、高い点数を持っていて損はないと思います。
そして何より私は英語のリスニングとスピーキングが中学生レベルです。実際、英検4級ですからね。

体験レッスンに行ってみると、すごい数の受講生がいました。夜はほとんど満員みたいです。全員が50万円払っていると思うと、English Company儲かってるなぁと思いました。

それはさておき、まず、初日に最初に渡されたのが単語帳でした。キクタンTOEIC600でした。ほかの人がブログで書いているように一日100単語覚えてこいというものでした。そしてTOEICの模擬試験教材を渡され、実際にやってみろというものでした。
他の方のブログでTOEICxx点からxx点にアップしましたとありますが、きっと模擬テストの点数かと思います。
模擬試験は厳密な点数測定ができないため、xx点~xx点といった具合にレンジでの予測点数が算出されます。そのレンジが結構大きくて150点くらいあったりします。
そしてひたすらシャドーイングという、TOEICの問題の一部を繰り返し喋る練習を行います。
最初は再生速度を遅くして文章を見ながら聞き取り発声をしていきます。そして徐々にスピードを上げていきます。最終的には1倍よりも早い速度で再生しても聞き取れるようになりますというものですが、何回も同じ音源を聞いているので脳が記憶しちゃってるからか少々早くしても何を言ってるかわかってしまいます。これだと、新しい音源でいきなり1.5倍とかで再生されたらわからないと思います。

また、レッスン時にいろいろと質問をすることがあるのですが、だいたいの答えは、文型的にここは〇詞しかありえないです とかこういう決まりですとか、そういう答えしかかえってこなくて残念な気分です。最初に文法は暗記じゃないって言ったじゃないか…。
第二言語取得に関して科学的根拠があるというから期待していたのですが、単語や文法をとりあえず暗記させてTOEICのスコアアップに重点を置いているようにしか感じられません。
ネイティブの人たちはどういう風に文章を理解しているかとか、ネイティブの人たちの英語の聞き方を実践とか言っておいてなんだかなぁという感じです。

最後に、英語のスキル上昇とは関係ないんですが、English Companyの公式サイトがSSLに対応してないというのが非常に気になりました。また、入会後の毎週のスケジュール調整や先生とのコミュニケーションもすべてLINEを使うと言われ、しぶしぶアカウントを作成しました。
いろいろと発展途上のようです。

どこぞのブログで5xx点から7xx点にアップして大満足みたいな記事がありますが、50万円払って700点台ってもったいない気がしています。しかし、700点取れるようになって、TEDなどの動画が理解できるようになり、外国人との会話も7-8割り理解できるようになったとか書いてます。本当だとすると50万円や安い気がします。
自分の場合はその200点すらもアップできるか怪しい気がしますが…

インドのコンセント事情 バンガロール編

前回に続き、インドはバンガロールへ2週間ほど出張した際に得た、コンセントについての情報を紹介したいと思います。

インドは日本とは違うコンセントらしいですが、インドとひとことで言っても地方や州によって形状が異なるらしくインド全体でくくるとB3、BF、B、C が主流ということでした。
何個アダプタをもっていけばいいんだよということで、秋葉原のヨドバシカメラでコンセントアダプタを物色したところよさげな製品が見つかりました。
コンセントアダプタ

こちらのアダプタ、なんと8種類対応の変換プラグ(A,B,C,O,SE,BF,B3,O2)に対応しておりこれひとつで海外のコンセントに対応という優れもの。
これでダメなら流石に諦めがつくということでこちらを購入しもっていくことに。

バンガロール現地のホテルに到着。さっそくチェックインを済ませ、部屋に向かいコンセントを確認。
ホテルのコンセントなんか、二種類のコンセントがある。そしてその両方ともなんとなくいろいろな形状のコンセントを差し込めそう。
右側のコンセントは普通に日本のコンセントを差し込めるタイプでした。そしてこのタイプのコンセントが部屋に三つ。
コンセントのアダプタ要らんやん!
って思わず突っ込んでしまいました。※たまたま自分が泊ったホテルがそういう仕様だっただけかもしれません。

試しにもってきた変換タップをそれぞれ刺してみることに。うーむ全種類刺さってしまう。タップの動作を確認できたのはありがたいんですが、不要だったという結果がなんとも残念。左側のコンセントは部屋に一個だけで床のそばについていました。現地の掃除機か何かようかな?

帰りの空港でのロビーの机にもコンセントがついていたのですが、それも日本のコンセントが刺さるタイプ。
空港のコンセント

職場のコンセントも同じく日本のコンセントが刺さるタイプ。
以外とバンガロールは問題なく電気を補給することができそうです。他の地区は州では必要なのでしょうか?


Kashimura カシムラ HELLO KITTYハローキティ8種類対応ブロック型変換プラグ TK-2 (hi0a129)

インド出張でバンガロールへ 入国編

ただいま、出張にてインドのバンガロールに来ております。

バンガロールに来るにあたって色々とインドのことを調べたのですが、気になっていた税関について書きたいと思います。

インド入国についてネットを調べてみると、パソコンは2台持ち込むと税関で…とかデジカメ一台でレンズ複数はセーフだとか色々と情報が出てきます。しかし、肝心のスマートフォンについての記事を見つけることができず、追加の費用無しにスマートフォンを複数台持ち込むことが出来るのかどうかとドキドキしていました。

仕事がらテスト用デバイスとして複数スマートフォンを使っており、どうしても複数台持ち込まなければならない状況だったため、いくら領収書で対応できるとはいえトラブルだけは避けたい、そんな一心でした。新品の状態(箱に入っていたり)だと、目をつけられてしまうらしいので箱から出し、手帳型のケースに入れたりイヤフォンをさしたりとあたかも全部普段から使っているかのようにしてみました。

持ち物としては手荷物で以下の通りです
パソコン(Mabook Pro)一台
iPhone7Plus 1台
SONY Xperia 一台

実際に到着してから空港のゲートに出るまでの流れですが
到着後は入国手続きを行い、ビザをチェックされ、その後手荷物検査でした。手荷物検査は一列でやったので長蛇の列ができておりかなり待ちました。おかげで少しずさんなチェックだったかもしれません。
その後預け入れ荷物を受け取り運命の税関通過。
緑のゲートに向かって歩いただけですが、引き止められもせず誰も立っていないしでこんなザルでいいの!?って聞きたくなるくらいでした。
こんなことならデバイスを5台くらいもってくればよかったです。というのが正直な

2台だから通ったのかな?

RIMOWAのスーツケースを修理に出してみた

突然ですが、自分の使っていたサルサエアーのハンドルの付け根部分にガタというか緩みが出てきたので修理にだしてみました。
rimowa
赤い部分の裏側が本体部分とが4か所ほどネジで止められているのですが、そのうち一か所のネジ穴がなめてしまっているようでハンドルを使用するとガタつきがでているようでした。

じつは自分の使ってるリモワのサルサエアー、数年前にヤフオクで購入したもので並行輸入品なのか国内正規品なのか、それとも偽物なのかまったくわからないまま使っていました。いざ修理に出そうと思うと保証が有効なのかとか修理代いくらなんだろうとか修理が終わるまでに何日かかるんだろうとか、そもそも偽物で修理できないってことはあるんだろうかとか色々考えてしまいました。が旅行を間近にひかえていたため、ダメ元でサービスカウンターに直接もって行ってきました。
大きい方から2番目くらいのサイズなんですが、サルサエアーは非常に軽いのでこういうとき持ち運びが楽でいいですねrimowa_service_tokyo
お店に入ってお兄さんに症状を伝えスーツケースを見せると、ちょっと待ってもらえますか?パーツがあるか確認してきますとのこしてそのまま奥へスーツケースを持って行ってしまいました。そして待っている間に名前とか住所とかを書いて待つこと5-6分ほど。
するとお兄さんがお待たせしましたと言ってスーツケースを持ってきてくれました。こんな感じで直しましたと、一瞬で修理完了・引き渡しをしてくれました。
そして驚くことに修理代0円。アフターケアも万全なRIMOWAに感動してしまいました。
割高かもしれませんが、耐久性とサービスを考えると今後もRIMOWA製品を使い続けようと思いました。まずはレンタルで使い心地試してみるのもよいかもしれません。きっとリモワを気にいるはずですけど。



ちなみに後から調べたんですが、RIMOWAの偽物はあまり出回っていないようです。スーツケースのような大きいものは中国とかで生産して日本に輸入するのが大変みたいです。なので、並行輸入品でも安心して買って大丈夫かも?

(リモワ)RIMOWA サルサエアー 825.73 82573 SALSA AIR スーツケース ネイビーブルー Multiwheel 94L (820.73.25.4)並行輸入品

新品価格
¥62,640から
(2016/7/27 00:17時点)

アメリカでFive Guysハンバーガーを喰らう

引き続きアメリカでのハンバーガーめぐりです。

【アメリカに行くなら常識!】アメリカの人気ファーストフード店ランキングTOP10の記事や、【ほぼ主食】ハンバーガー店、アメリカ人が選んだ全米トップ10は?で話題になっているFive Guys ハンバーガーに行ってきました。
Five Guysでは基本的なハンバーガー、チーズバーガーなどのメニューしかなく、好みのトッピングによってカスタマイズしていくスタイルのハンバーガーです。待っている間はピーナッツ食べ放題のサービスも。
fiveguys_1
ベーコンチーズバーガーにトマト・生玉ねぎ・BBQソースなどをお願いしました。
ドリンクとセットで$11程度だったかと思います。ファストフードとしてはちょっと値段が高いのですが…
これが非常においしい!ハンバーガー自体がかなりおいしいです。これは人気があるのもうなずけます。結果として一か月に5回以上通ってしまいました。
fiveguys_2

 

基本的にハンバーガー系は以下の4種類
シンプルですね

  • Hamburger
  • CheeseBurger
  • Bacon Burger
  • Bacon Cheeseburger

ケイジャン味?のポテトも人気のようです。

アメリカでChick-fil-Aハンバーガーを喰らう

前回の記事に引き続き、  【アメリカに行くなら常識!】アメリカの人気ファーストフード店ランキングTOP10 の記事より、Chick-fil-Aに行ってきました。

何もわからなかったので、適当に買ってみました。

Chick-fil-A_1

サラダ

Chick-fil-A_salad

かなりの種類の中からドレッシングを選べます。ダイエットハニーマスタードをチョイス。なかなか美味しいですが、ウェンディーズのサラダにはかなわない感じですね。

スパイシーサンド

Chick-fil-A spicy sand

辛いですが、ケンタッキーのチキンに近い感じで美味しかったです。モモ肉のため、油分もあり食べやすかったです。

チキン

奥の小さい箱に入っているのがチキンです。フライドチキンのささみ版でしょうか、ビールのおつまみにいい感じですね。

 

うーんKFCの方がいいかなぁ自分は。