BlackBerry KEYone Black Edition BBB100-6 買ったどー レビュー

auを長年使用している自分としてはVerizonのBBB100-3が欲しかったのですが、ビックカメラで実物を見る機会があり我慢できずに買って帰ってしまいました。

念願のBlackBerry KEYone Black Edition BBB100-6です!!

iij mioのSIMも持っているので、まいっかというのと

なんと、この日はビックカメラでBlack Editionの大特価?を行っており、新品にも関わらず横に展示してあるシルバー(RAM 3GB, ROM 32GB)のモデル(定価69,800円)より安いという緊急事態が発生しており入店から購入まで3分もかからない勢いで購入してしまいました。値段はビックカメラの人に怒られそうなので、秘密です。ちなみにBlackBerry Keyone Black Editionの日本での定価は79,800円です。

さっそく開封したのがこちらです。まずはサイズ感の確認から。

BlackBerry PrivとiPhone 7Plusで挟んでみました。がサイズ感は見事に一致。重さもiPhone 7Plusとそう変わらない感じです。Privよりは幾分か、体感軽く感じます。

キーボードをスライドさせたPrivとKeyoneを比較してみたところです。

キーボードのサイズは全くといっていいほど変化ないですね、配置も全く同じです。Privのキーボードにあった斜め方向への変形?平行四辺形風のキーも四角になっています。ディスプレイはさすがにかなり狭くなってしまっており、デスクトップに配置できるアイコンは少なくなり、ガジェットのレイアウトに悩むほど領域が狭くなってしまったなという感じです。

キーボードだけアップしてみてみるとPrivではスライドのギミックのためか高さが出せなかったキーですが、KeyOneではかなり立体的なキーになっています。

KeyOneの方のキーボードははっきり言って、かなり押しやすいです。Privでは指の腹で押すことはほぼ不可能で爪で押すカタチになりがちだったのですが、KeyOneは指の腹でも普通におせちゃいます。

これはいい!

そしてスペースキー部分の指紋認証がこれまたかなりいい!!電源ボタンを押してスリープに入っている状態(画面オフ)でも、スペースキーに触れれば一瞬でロックが解除されます。かなり使い勝手がよくて泣きそうです。

さらに、見えない部分ですがバッテリーの持ちがだいぶよくなっています。バッテリーの持ちと同時にOSのせいか、CPUの違いからなのか、Privよりだいぶ動きがスムーズです。バッテリーの持ちもCPUとかOSのおかげでしょうか?

QC3.0対応のチャージも半端なくいいです。カメラの性能もいいらしいですが、今回のレビューはこのあたりでおしまい。

個人的にはBlackBerryのロゴが消えてしまったことが少しどころじゃなく、残念でござる。

BlackBerry KEYone Black Edition 64GB Android SIMフリー スマートフォン QWERTY キーボード 【日本正規代理店品】 PRD-63763-002

新品価格
¥79,075から
(2017/10/11 21:06時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です