Azure App ServiceでSSL対応サイトにしてみた

このブログはMicrosoft AzureのWeb Service? (実はあまりよくわかっていないのですが…)上にホストしてあります
ふと、Chromeブラウザで自分のブログを開いてみると(そもそもほとんど更新もしなければ自分でも見ない)
「この接続は保護されていません」などとURLバーの横に書いてあるのが気になってしまい、どうにかSSL対応サイトに変更できないかと思いAzureのWeb ServiceをSSL対応にしようと試してみました。

意外と簡単にhttps://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service-web/web-sites-purchase-ssl-web-site を見れば簡単にできそうでした

SSL証明書購入には年間7000円強必要でしたが、一か月で割れば大したことないかと思い購入し、上記のリンクを参考に設定をしてみました。

個人的な落とし穴としてはSSLのサポートはB1 Basicプラン以上(月6000円弱~)が必要ということでした。今現在はD1 Shared(月1000円程度)を使用しているので、単純に6倍以上の出費になります。一日当たり1人も来ないこの弱小ブログのためにそこまでお金を出せるのか…と悩みに悩みましたが勉強と思いB1 Basicにアップグレードしてみました。

独自ドメインでSSLを使用してウェブアプリを実行するには月7000円くらいは必要ということになりますね。

で、設定をしてみたんですが、いつまで経っても鍵マークがURLバーに出てこない…うーむ何がいけないのだろうか・・

確かにhttps で繋がるんですが…https://zeppekisamurai.com/

追記

編集していると鍵アイコンが出てきました。外部リソースの読み込みが問題か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です